ポリ合板

合成樹脂化粧合板

合成樹脂化粧合板は、台板合板の表面をいろいろな合成樹脂を使ってオーバーレイ(重ねる・重ね塗る)し、木目柄や単色など美しさを出し、高度の耐水性・耐熱性・耐摩耗性・硬度・耐候性などを有する優れた建築、家具材料です。

メラミン樹脂化粧合板・ポリエステル樹脂化粧合板・ジアリルフタレート樹脂化粧合板などがあります。

スポンサーリンク

主な特徴

  • 施工後塗装する必要がない。
  • 同じ色柄のものが大量に揃う。
  • 柔らかい光沢と優雅な色彩をもつ美しい表面が表現できる。
  • 天然木やツキ板に比べて安価であるが、プリント合板に比べると高価である。
  • 少々水がかかっても大丈夫。水ぶきが可能。(耐水性)
  • 熱に強い。(耐熱性)
  • 日光の当る場所でもほとんど色あせしない。(耐候性)
  • 衝撃に強く,傷がつきにくい。(耐磨耗性・硬度大)

注意点

  • 静電気によりホコリがつきやすい。
  • 燃えると有害物質を発生するものもある。

寸法(厚さと幅と長さ)

普通合板・プリント合板と同様あらゆる寸法が可能です。

用途

  • 家具、キャビネットなど
  • 住宅・店舗等の内装材として
タイトルとURLをコピーしました