インターネット接続(Wi-Fi)おススメ7社比較

梅雨中は交通事故が増加!梅雨中の雨の降ってない日に注意

雨の日の街

 

毎年6月から7月にかけて、日本は雨が多くなる梅雨に入ります。

梅雨入りすると交通事故が増えると言われているため、注意が必要です。

 

事故の多くは雨の降っていない日

雨による視界不良で事故が増えると考えがちですが、事故の大半は雨の降ってない日に起こっています。

理由としては、雨が続く中、降ってない日に買い物や病院などに出かける人が一気に増え、車だけでなく自転車や徒歩の方も増えるためです。

車同士の事故よりも、自転車や歩行者との事故に気を付ける必要があります。

雨の日は視界不良・スリップに注意

雨の日は、いつもと同じように視界不良に注意してスピードを落とし、早めのライト点灯を心がけましょう。

路面状態が悪くなるため、スリップ事故も増えます。

歩行者・自転車の方

歩行者・自転車の方は、横断前に安全確認を十分におこなうようにしましょう。

最後に

梅雨時の事故は、意外な原因で増えることが分かりました。

外出する際は、いつにも増して安全の意識を持つ必要があります。

 

 

生活のハウツー
家造り.net
タイトルとURLをコピーしました