インターネット接続(Wi-Fi)おススメ7社比較

介護に必要なスロープの役割と設置する時のポイント

車いす

 

歩行が不自由な障害者や年少者、高齢者、また車椅子生活者は小さな段差も大きな障害となります。

段差を取り除くために設置するのがスロープです。

 

階段・玄関アプローチなどの段差を埋めるスロープ

普段気にすることのないうな小さな段差でも、障害者や年少者、高齢者には大きな障害となります。

体の不自由な方や車椅子を利用されている方は、階段や玄関の段差があることで移動範囲を狭めてしまうことになります。

段差を埋めることで、制限されてきた移動範囲を大きく広げます。

スロープには据付タイプと、携帯タイプ

スロープには、常に設置し続ける据付タイプと必要に応じて持ち運べる携帯タイプがあります。

据付タイプは、強度があり安定しますので安心です。

携帯タイプの中にも、一枚のものや車椅子の車輪部分のみを載せる2枚1組のものもありますので、あなたのご家族の状況に合わせて種類を選択しましょう。

 

車いす用スロープ 段ない・ス ロールタイプ【スロープ】の使い方

 

スロープを取り付ける際のポイント

スロープを取り付ける際には、スロープの角度に注意が必要です。

取り付けた時のスロープが急な勾配になるようではせっかく設置しても逆に危険になってしまいます。

大きな段差にスロープを設置する際には、長いスロープが必要になることを覚えておきましょう。

また、電動車椅子の使用が考えられる場合などは最大加重がどのくらいになるのかをよく検討しておく必要があります。

 

最後に

段差をなくす上でスロープの設置は有効な手段ではありますが、手すりなどに比べて工事も大掛かりなものになってきます。

携帯タイプで対応できないこともありませんが、長く利用するのであれば強度や安定度の面からも備え付けタイプに住宅を改修する方が望ましいと言えます。

 


 リフォーム比較プロで工事が安くなる!

タイトルとURLをコピーしました