リフォームする目的を明確にしてリフォームを成功させよう!

リフォームの目的

 

リフォームを行うということは、その背景にはりフォームを行うに値する原因があるはずです。

リフォームをお考えならば、リフォームの目的を明確に持つことが成功のカギです。

スポンサーリンク

リフォームしたい原因

あなたがリフォームを行いたいと考えているなら現状に何かしらの不満があるはずです。

実際にリフォームを行う時は、自分の不満の声に耳を傾けてなにが原因なのかを良く理解してリフォームを計画しましょう。

家づくりと同じで、自分がなにをしたいのかをはっきりと正確に業者に伝えることができなければリフォームをしたのになにか釈然としないままで費用の返済だけが残ってしまうという結果になりかねません。

目的別リフォーム

多様なリフォームを目的別にご紹介します。

耐震リフォーム

いつ来るか分からない大地震の恐怖から家を守るために危険を感じるならすぐにでも耐震診断について相談しましょう。

目的

来るべき地震に対する耐久性を向上させることが目的

内容

古い家や古い建築基準で建てられた家は、現在の耐震基準に比べて地震に弱いことがあります。

これらの家を取り壊すことなく補強工事で強い家を目指します。

そのためには、壁への筋交いの追加、アンカーボルトなどの金具での補強などを行い、ゆれに強い家を造ります。

 

【道建設】 高齢者介護と断熱・耐震リフォーム(祇園)

 

介護リフォーム

体の不自由な方に「快適性」と「安全性」を提供することが目的のリフォームで、バリアフリーという言葉で総称されることがあります。

健常者では気づかないちょっとした段差やいすの立ち座りの負担や危険度を軽減します。

バリアフリーについては、リフォームだけではなく新築時から考えておきたいものです。

目的

ケガや病気、身障者など介護を必要とする方がいる家庭での身障者の生活支援と共に介護者の負担減が目的

内容

介護リフォームの結果について、大きくバリアフリーなどと呼ばれるように、家の段差をなくしたり、立ち座りが発生する場所に手すりをつけたりといった形で、体の不自由な方でも生活に障害がないように行うリフォームを言います。

トイレ、浴室の手すりや玄関口のスロープ(フラットな坂を作って段差をなくす)などが一般的で大きなところではエレベーターの設置なども介護リフォームに含まれることがあります。

 

バリアフリー住宅 介護バリアフリーを取り入れたい

 

デザインリフォーム

子供が大きくなって、部屋の間取りを変更したい、自分だけの書斎を持ちたくなった、本格的な防音効果のあるオーディオルームを作りたい。

家族の希望を叶えるために行うリフォームです。

目的

家族構成の変化による家のありようの変化への対応。

趣味的な要素の強いリフォーム

内容

間取りの変更やオーディオルームを持ちたいといった希望など、最も範囲の広いリフォーム内容です。

作業としても、壁紙の変更ぐらいのものから重要な柱以外は全ての壁を壊して新たに間取りを構築するものまでを含みます。

あなたの希望を明確に伝え、実現の方法については専門家と相談するのが成功の早道です。

同じ作業内容でも、作業範囲が広く見積もりの算出にズレが起こりやすいので複数の業者から見積もりを取って比較することをオススメします。

 

こんなに変わるの! リノベーション ビフォーアフター home renovation feature before & afters

 

エコリフォーム

主に光熱費の見直しがメインとなる、環境にも優しいリフォームです。

「オール電化」や「ガスコージェネレーション」の登場で、これまでの電気とガスの併用というスタイルが崩れつつあります。

これまでのほとんどの家は電気とガスの併用が基本でしたが、近年見直されつつあります。

目的

光熱費の見直しが目的

内容

「オール電化」や「ガスコージェネレーション」への移設や、自然の力を利用した「太陽熱温水器」「太陽光発電」を利用できる形に、リフォームします。

現在は「オール電化」+「エコキュート」が主流となりつつあります。

新しい光熱システム「オール電化」「ガスコージェネレーション」について知っておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

最後に

リフォームは目的によりリフォーム箇所や内容が大きく異なることが分かります。

リフォームを検討中の方はなんのためにどこをリフォームするのかもう一度見つめなおし、よりよい新住居で生活がおくられるようにしたいものです。

タイトルとURLをコピーしました