インターネット接続(Wi-Fi)おススメ7社比較

マンションと戸建住宅、家族で住むならどっちがいい?!

マンションの一室

 

家族で住むにはマンションと戸建住宅どちらが適しているのでしょうか?

それぞれの家庭により条件は異なりますが、双方のメリット・デメリットを見ていきましょう。

賃貸と持家の比較については以下のページでまとめていますので参考にしてみてください。

 

戸建住宅のメリット

  • 注文住宅であれば外装から内装、設備まで自由に選ぶことが出来る
  • 居住空間でのプライバシーが最も高い
  • 選べるエリアが多い
  • 長い目で見ての資産価値が高い
  • 子供の成長など家族の変化にも対応しやすい
  • 精神的にのびのびと生活出来る

戸建住宅の最大のメリットは自分好みの家に住めるという点でしょう。

勿論コストはついてきますが、マンションでは実現することが出来ません。

プライバシーの面でも守られ、特にお子様が小さいうちなどは音などを気にせずに生活することが出来ます。

また、家族構成は同じでも子供は成長し家族の変化により居住空間も変更する必要が多々あります。その対応度で見ても戸建住宅は優れています。

資産価値の面で見ると最も価格の変動が少ないのは土地です。建物の価値は薄れていきますが、土地の価値が薄れていくということはありません。

 

マンションのメリット

  • 戸建住宅に比べて安価
  • セキュリティ面が強い
  • 日当たりがいい
  • 立地条件がいい
  • 断熱性が高いため空調の効率がいい
  • 共用施設の充実
  • バリアフリー対応度が高い
  • 売却も戸建住宅に比べると容易

マンションと戸建を比較する際にまず価格の話になりますが、全体的に見るとマンションの方が安価と言えます。

月々の管理費や修繕積立金などもかかりますが、管理費は高いセキュリティ面にも利用され、修繕も修繕委員を設置してマンション住人全体で決めるスタイルを多くのマンションがとっています。

また、マンションは駅が近いなど立地条件のいい物件が多く、日当たりも戸建住宅では実現が難しいほど良好です。

戸建住宅では木造のものがほとんどですが、マンションはコンクリート造のため断熱性能が高く空調の効きはとても高いです。

 

戸建住宅のデメリット

  • 土地も必要となるためコストと時間がかかる
  • 自由設計でも100%満足する家を建てるのは難しい
  • 設備が好きなように選べるためコストが上がりやすい傾向にある
  • 基本的にセキュリティ面が低い
  • 将来空き家になった時に管理が大変

マンションのメリットで挙げた価格の面ですが、土地+上屋となるためコストは高くなります。また、希望の土地を探すのも難しいケースもあり時間を取られることも少なくありません。

自由設計で綿密に考え抜いたつもりでも住んでからやっぱりこうしとけばよかったという箇所は幾つも出てきます。コストをかけても100%満足できる家を建てるのはそれほど難しいです。

また、キッチンやお風呂など住宅設備はショールームで見て決める業者が多いです。見れば見るほどいい設備にしたくなるのは致し方なく、コストが予算よりも挙げるケースも少なくありません。

マンション同等のセキュリティを戸建で実現しようとすれば警備会社などとの契約が必要になります。

住まなくなった時のことを考えると空き家になった場合、その管理は個人でするか管理会社に頼む必要があります。また壊す際にも解体費が発生し、固定資産税にも影響があります。

 

マンションのデメリット

  • 上の階や横の部屋の音が気になる
  • 自分も周りの部屋に迷惑のかからないよう配慮する必要がある
  • 駐車場から部屋までが遠い
  • 来客時(車など)不便な点がある
  • 売却時の価格差が不安
  • 人口が多い地域でないとマンション自体が少ない

マンションの最大のデメリットは「音」です。

上の階や左右の部屋の音を完全にシャットダウンすることは難しいです。逆をいうとあなたのご家庭でも音にある程度配慮して生活する必要があります。

車を利用するご家庭では駐車場から部屋の距離は戸建と比べると、とても遠いです。買い物時や多くの荷物をもっている時はよりその不便さを感じるでしょう。来客時に駐車スペースが少ない点も同様です。

資産価値の面で見ると、余程人気のあるエリアでなければ売却時の価格差は大きく広がることもあります。

また、住みたいエリアにマンションが少ないケースもあるでしょう。

 

マンションを買うか、戸建を買うか。そのメリットとデメリットは?

 

最後に

マンションと戸建住宅について見てきましたが双方のメリット・デメリットは対の関係であることがよく分かります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、足りないものをそれぞれが補っているようなイメージです。

まずご家庭で何を重視するのか決めるところから始めましょう。価格面、プライバシー、居住エリア、デザインなどポイントは様々です。

その中でマンションと戸建住宅どちらがあなたのご家庭に適しているのかもう一度考えてみてください。自ずとどちらにするべきなのか方向性が見えてくるでしょう。

家の様々な比較
家造り.net
タイトルとURLをコピーしました