インターネット接続(Wi-Fi)おススメ7社比較

注文住宅一括見積サービスのメリット・デメリットとおすすめサイト紹介

スポンサーリンク

設計士の家

 

家を建てる決めた際、まずどのような行動から始めますか?

土地を探す、家を建てる業者を探す、知り合いに話を聞くなどスタートは人それぞれです。

家は、一生で一番大きな買い物と言われるだけあり、動き始めてから完成までには長い月日がかかります。

出来る限り手間を省き、納得したマイホームを建てるために見積一括サービスにも注目が集まっています。

見積一括サービスのメリットデメリット、人気の見積一括サイトを見ていきましょう。

スポンサーリンク
 

見積一括サービスのメリット

自宅にいながら、複数の業者のプランを受け取れる

希望をまとめて、フォームから内容を入力するだけで、間取りや料金プランを複数社比較することが出来ます。

とちから必要な場合でも、対応している一括サイトが多いです。

多くの優良企業が登録している

一括サイトごとに、審査を設けておりその審査をクリア―しなくては、ユーザーに見積やプランを提出する対象になりません。

大手のハウスメーカーから、地元密着型の工務店まで幅広く見積もりを受け取ることが出来ます。

各社見比べることで違いが見えてくる

自分の中で完璧にこんな家にしたいと絵が描けている方には必要ありませんが、多くの方はある程度希望はあるものの、細部まで全て設計できてる方はいないと思います。

各業者のプランを見比べることで、より自分にあった業者を選ぶことが出来ます。

見積一括サービスのデメリット

相応の営業がある

一括見積を利用すると、業者にあなたが家を建てようとしている情報が行き届きます。

顧客に対し、相応の営業があるのは当たり前のことです。

サイトによっては、しつこい営業や電話を禁止しているところもあり、電話での営業事態をなくしてほしい旨を伝えれば、極力対応してくれるところもあります。

資料が不揃い

サイト上では、間取りやプランなど様々な資料が各社手元に届くようにうたっていますが、その内容が思っていたより情報量が少ないと感じる方もいます。

これらも一括サイトによって異なるため、サイト選びも重要です。

一括見積おすすめサイト

タウンライフ

タウンライフでは、土地探しから、間取りプラン、見積もりまで全て一括でおこなうことの出来るサービスです。

全て無料なので、家造りの右も左も分からないという方でも、相応の資料を手にし、本当に自分に合った業者を選ぶことが出来ます。

 

 

持ち家計画

持ち家計画では、最新の資料請求がメインです。

価格帯も記載されているため、広さや設備から自分好みの家がどらくらいの値段で建てられているのか幅広く知ることが出来ます。


LIFULL HOMES

日本最大級の不動産・住宅サイト、LIFULL HOMESが提供する住宅カタログ無料取り寄せサイトです。

予算や人気テーマから、カタログを無料で請求することが出来ます。

家造りの第一歩に。

 

 

住まいの窓口

日本最大級の不動産・住宅サイト、LIFULL HOMESが提供する住まいの窓口。

その名の通り、家造りに対して右も左も分からない方や、お店へ行く前に知っておきたいことがある方、住宅ローンのことなども相談可能であなたに適した業者を紹介してくれます。

電話、ビデオ通話、ラインに対応しているため、ご自宅にいながら相談可能です。

 



最後に

住宅見積一括サービスについて見てきましたが、見積もり全て一括でおこなえるサイトは少なく、タウンライフがその中でも資料関係の面で見ても充実しています。

持ち家計画や住まいの窓口も、用途があっていれば十分なサービスです。

ただ、全てのサービスを利用するにあたって、営業がかかりますので必要ない場合はしっかりと断るのも礼儀です。

タイトルとURLをコピーしました